じりん

HOME > じりん
 

じりんとはじりんとは
住み慣れた地域で暮らし続けるために障害がある方の相談を受け福祉課へ提出する
具体的なサービス等利用計画を作成します。

指定特定相談支援事業は、障害がある方の希望する生活の実現、目標の達成に向け障害福祉サービス(以下「サービス」という)を効果的に利用するための計画を、一緒に考えながら作成することなどを内容としています。
特定相談支援事務所「じりん」(以下「じりん」という。)は開設する地域「慈林」の名にちなんで平成25年10月に開設いたしました。
私たち職員は、障害がある方が住み慣れた地域で暮らし続けるための、気軽に相談できるパートナーでありたいと願っています。

「じりん」では、障害がある方の相談を受け、川口市障害福祉課へ提出するための具体的なサービス等利用計画(案)を作成します。
その後、支給決定されたサービスの内容について、ご本人やご家族などと協議しながら実際のサービス利用の開始につなげます。

サービスの利用が開始されたのちには一定期間ごとに、適切なサービス提供がなされているか利用しているサービス事業所、ご家族と話をし、検証していきます(モニタリング)。
その際、新たなサービスの利用が必要であったり、支給量の変更が必要な場合は、ご本人やご家族と協議し、サービス支給量などの変更を行っていきます。



支援内容

基本相談

障害者などからの相談に応じ、情報の提供等を行い、市町村やサービス提供事業者等の連絡調整を行います。

サービス利用等計画作成

サービス利用計画の原案を作成します。また、市の支給決定を受け、関係者との連絡調整を行い、サービス等利用計画の作成を行います。

モニタリング

支給決定の有効期間内において、利用者が継続して障害福祉サービス等を適切に利用することができるよう、サービス等利用計画が適切であるかなどにつき、見直しを行います。

計画変更、申請の勧奨

また、見直しの結果に基づき、サービス等利用計画の変更や、関係者との連絡調整又は新たな支給決定等に係る申請の勧奨を行います。


施設概要

自分らしい生活の実現、目標達成を支援します。

障害がある方の相談を受け、サービス利用計画の原案を作成します。また、市の支給決定を受け、関係者との連絡調整を行い、サービス等利用計画の作成を行います。

名称
指定特定相談支援事業所 じりん
所在地
〒334-0071 埼玉県川口市安行慈林752番地の6
連絡先
TEL: 048-283-1000 FAX: 048-229-6266 
最寄り駅
JR川口駅から国際興業バス サンテピア行き 終点下車 徒歩1分
営業日
月曜日から金曜日まで(土・日・祝日・年末年始を除く)
営業時間
午前8時30分から午後5時30分まで




指定特定相談支援事業所じりんに相談をご希望される方へ

「じりん」では、障害がある方の相談を受け、川口市障害福祉課へ提出するための具体的なサービス等利用計画(案)を作成し、支給決定されたサービスの内容について、ご本人やご家族などと協議しながら実際のサービス利用の開始につなげます。

利用方法

step1お問い合わせ

指定特定相談支援事業所 じりんへお問い合わせください。

048-283-1000

step2面接

あらかじめ日時等を打合せの後、相談・面接をお受けいたします。
■相談を利用できるのは
(1)障害福祉サービスなどの利用希望がある方
(2)手帳をお持ちの方(知的・精神・身体)
(3)川口市在住の方(応相談)




ひらく会事業所紹介
グループホーム

グループホーム(共同生活援助事業所 慈林荘)は、障害があっても地域のなかで普通に暮らしていくことを目的とした「生活の場」です。

みんと

多機能型事業所「みんと」は、日常生活を営むことができるよう、また将来の自立に向けてサポートする施設です。

そだち園

児童発達支援事業所「そだち園」は、発達上のつまずきのある子どもが通う保育を基盤とした療育施設です。

じりん

障害がある方の相談を受け、一人一人が必要とする障害福祉サービス等の利用計画を作成します。


グループホーム体験
みんと体験
そだち園体験




社会福祉法人ひらく会

【本部】〒334-0071埼玉県川口市安行慈林752番地の6
【事務局】〒334-0071埼玉県川口市安行慈林896番地の1

048-287-6117メールでのお問い合わせ
求人情報

Copyright© 2017 – ‘2017’ SWC-hirakukai All Rights Reserved.